私たちは舞鶴市長 多々見 良三をリコール(解職請求)するための運動をしています。

舞鶴市長リコール運動のチラシ(第一弾)が完成しました。

舞鶴市長リコールチラシ・オモテ
クリックでダウンロードのページに移動します

舞鶴市長リコール運動のぼり旗が完成しました

市長解職請求の要旨を募集します

市長の解職請求には要旨(ようし)の記載が必要です。
要旨を簡単に言うと多々見市長が舞鶴市長としてふさわしく無い理由書です。
要旨は1000文字以内での記載が求められており広く市民から公募することにしました。皆様の応募をお待ちしています。

ご意見をメールかFAX(0773-78-2188)に送ってください。
期限は9月30日中まで
匿名での応募も可能ですが可能な方は是非とも本名でお願いします。

下記にたたき台となる原案を記載しますので参考にしてください。
いただいた提案は専門の担当者が校正しますので誤字などがあっても大丈夫です。
しっかりとした文章に担当者が修正させていただきます。

原案 舞鶴市長・多々見良三解職請求 

請求の趣旨

舞鶴市民が主体となって、自ら考え、行動し、決定することによって、舞鶴のまち づくりを行っていくという市民自治の考え方を基本とした「市民が主役のまちづくり」 を進める上で、専制的な現舞鶴市長・多々見良三の市政運営は以下の点で大きな障壁 となっており、健全な市民自治を遂行する現舞鶴市長・多々見良三の解職を請求します。 

①パーム油発電所建設事案の失政

②ドクターTのひとりごと

③えこひいきの再任用など市政人事の私物化

④ゴミ問題の愚策

⑤医療崩壊

⑥市政全般への不満

解説:書類上趣旨は1000文字以内と定められています。
多々見市長への不満は到底1000文字では収まりきれませんが、敢えて書面に記する場合は①パーム油問題、②市長コラム問題、③舞鶴市政の私物化、④ゴミ問題、⑤医療崩壊、⑥その他 と大きく6つの問題に分かれると思います。
文字数の制約により簡潔な言葉で所問題を提起する必要があります。
そのための、原案を募集していますので皆様のご意見をお寄せください。

その他、舞鶴市政全般に対する不平や不満などもあわせて公募いたします。

※要旨とは?
述べられた事の、大事な筋。要点をかいつまんだ内容

ご意見をメールかFAX(0773-78-2188)に送ってください。
期限は9月30日中まで
匿名での応募も可能ですが可能な方は是非とも本名でお願いします。